雨の季節と「梅しごと」

お酒に漬けたり、シロップやジュース、ジャムにしても。ハチミツ漬け、塩漬けにして乾燥、そうそう甘露煮もおすすめです。
   

 

 

何のはなしかって?季節とともに暮らすみなさんならもうお分かりですよね、はいこれみんな「ウメ」にまつわる手仕事です。

 

ウメが黄色く色付けば、それは梅雨入りのサイン。「梅雨」の由来は、ウメの実が熟すころに降る雨、からきています。
 
 完熟しても甘くならないこの果実は、一手間かければさまざまな味を楽しむことができ、ほどよい酸味がこの時期の疲れを吹き飛ばす心強い味方に。
 
 
湿気の多い時期に保存が効くのもうれしいですね。

 

 

雨にぬれそぼり鮮やかに咲き誇る紫陽花、夕暮れどきを幻想的にいきかう蛍、ことしもまた巡り巡る季節のなかに身をおけることに心から感謝して、ジメジメウツウツなこの時期を大いに楽しんでしまいましょう!

【おまけ】いつも素敵な食の話題を提供してくれる「foodie」さんでこんな記事を見つけました♪ 毎年飲みきれず余らせてしまう方にはぴったりな情報です。『500ml少量サイズで作る! 超お手軽梅酒レシピ

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。