秋ど真ん中。「中秋の名月」を楽しむには。

Fotolia_34997375_XS

 十三夜、小望月 (こもちづき)、十五夜、十六夜、立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、更待月(ふけまちづき)。これらはすべて満月前後の月の呼び名なんです。一夜一夜に名をつける。人びとがどれほど月を愛し、楽しんでいたかがわかりますよね。

 

私たちの暮らす現代では、お月見といえば9月(といっても、お月見などしないひとがほとんどかも)。ですが昔は、9月に限らずいつでもどんな形のものでも月を愛でていたようです。

 

なかでも「中秋の名月」とよばれる旧暦8月の十五夜は特別。それは文字どおり秋のど真ん中に見られる満月のこと。7月、8月、9月は、むかしの暦では「秋」。その真ん中の8月のそのまた真ん中の15日の月を「中秋の月」と呼びました。

 

pixta_11921223_S

 

月の満ち欠けで月日を知り、農業を営んでいた日本人にとって、この時期は収穫の時期でもありました。米で作った団子や芋などをお供えし月を愛でることは、豊かな恵をもたらしてくれた自然への感謝の意を表現するものでもあったのです。

 

さて、「十五夜」「中秋の名月」が毎年ちがうのを不思議に思ったことはありませんか?お月見は月の暦にちなんだ風習ですので、現代であっても月をもとにしたカレンダー、旧暦(太陰暦)でおこないます。今の私たちは、太陽をもとにした暦(太陽歴)で暮らしていますから、28日を周期として考えられている旧暦とはずれが生じてきます。こうした理由で毎年ちがってくるのです。

 

月を愛でて歌を詠み、酒宴がにぎやかに催されるようになったのは平安時代のこと。それが上流階級の習慣となっていました。現代の私たちはといいますと、ことしはちょっぴり大人のやり方で、月見酒で「十五夜」を楽しむのはいかがでしょう。

 

まずできるだけ部屋の明かりを落とし、キャンドルや和ろうそくを灯します。

 

pixta_9801439_S

 

窓際やベランダ、テラスにテーブルを用意して、月を肴に日本酒をいただく。お猪口に注がれた日本酒に月を写せば、もう完璧。いつもの夕食が、平安時代の貴族さながら、優雅で風情のあるワンシーンに。

日本酒が苦手なら、ビールやワイン好きなお酒で。にぎやかに、しっぽりと、思い思いのスタイルで秋を楽しみ、季節とともに生きてきた日本人の心を思い出してみる。なんだか簡単、これなら私たちにもできそうです。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。